ボランティア活動 エコキャップ

当法人ではペッドボトルキャップを回収し、世界の子どもにワクチンを届ける「エコキャップ推進運動」に参加しています。宝塚市内の34協賛団体で回収、2013年7月からの回収量は6.130kgで、認定NPO法人「世界の子どもたちにワクチンを 日本委員会(JCV)への寄付合計額61,300円(3,065人)分のワクチンを届けられる金額となりました。世界の子どもたちの未来を守る活動に、引き続きご支援よろしくお願いします。

 

 

 平成22年(2010年)  660kg
平成23年(2011年) 440kg  
平成24年(2012年)  570kg
平成25年(2013年) 613kg

 

 

 

ボランティア

 エコキャップとは、ペットボトルのキャップを集め売却した収益金を、「NPO法人世界の子どもたちにワクチンを日本委員会」を通じて国連ユネスコに送り、子供たちにワクチンを届けようとする活動です。         

活動経路

宝塚市女性協議会では、以前よりエコキャップ活動に取り組まれており、市も宝塚市女性協議会の活動に賛同して、市役所に回収ボックスを設置し、平成20年度2月1日号の広報たからづかで、皆さんにご協力をお願いしました。  市内では、市役所のほかに、男女共同参画センター、ぶるどっくらんど(逆瀬川)、西谷小学校、フレミラ宝塚など多くで回収活動されたり、回収ボックスが設置されています。   なお、宝塚市女性協議会は平成22年6月に休会となり、エコキャップ活動は、現在、NPO法人女性と子どものエンパワメント関西に引き継がれています。        

 

  • 空き缶のプルタブは回収して おりません。ご了承ください。 
  • お近くで同じ取り組みをしていないか、探してみましょう。
  • キャップを集めるために、ペットボトル飲料を買うようなことはしないでください。