新しいロゴに込めた想い

人には本来生まれ持った力がある。


それは花でいうなら、中が空の蕾がないのと同じかもしれません。


後から蕾の中で花ができるわけでないのと同じで、


エンパワーすることによって少しずつきれいな花びらが


殻をやぶりきれいに咲くのです。


黄色の花を咲かす蕾を赤い花に後から変えることはできません。


咲くまでは見分けがつきにくいつぼみも、


生まれ持った本人のみぞ知るカラーがあり、


それはどんな姿形であっても良し悪しではなく、


誰かが決めたりするものではない。


そしていろんな花が咲いていいという意味と、


必ず大人には子ども時代があるのと同じように、


そこに花があるということは、必ず同じつぼみがあったという


平等の意味を込めてあります。


どんな花びらを咲かすのかはわからないけど、


エンパワメントすることでつぼみのまま枯れないように、


一定の女性と子どもの人権を守るために。



また私たちの三本柱の言葉をロゴにしようと考えていました。


崩すと女と言う漢字になるロゴです。