暴力に頼らない問題解決のための、非暴力アクションワーク

イギリス・ロンドンをベースに国境を越えて、 いじめ・暴力・人種差別・ドラッグ・人間関係・家族・文化など 青少年が抱える問題をテーマに演劇を通して取り組むNGO 「タイ・ツアーズ=TIE (Theatre in Education演劇教育) Tours」を主宰する アンディ・ヒクソンの手法を使った、暴力で解決しないワークショップ。
 
アクションワークとは?
 

考えること、聞くこと、指示されること、ではありません。


行動すること。行動できます

当方人が2002年からアンディ・ヒクソンを招聘し、日本各地で子どもたちに

問題解決を暴力にたよらない「非暴力」を伝える必要性を感じ、暴力の被害者にも

加害者にもならないための非暴力トレーニングを目指して取り組んでいるものです

★ 暴力的でない人とのつながりの方法


 

演劇やロールプレイ(役割劇)ゲームやグループワークをとおし

相手の行動をよく観察し、互いに協力しあいながら、安心できる

コミュニケーションの とり方を学びます。  

★ こころとからだをつかった感情表現


 

暴力や力関係で支配されたとき、不安や悲しみや怒りをどう感じているか

頭だけで理解するのではなく、自分自身のからだや感覚をとおし

暴力的でない感情の表現方法や、安心できる人とのつながり方を考えます。 

★ 感情の表現方法について学ぶ


 

ゲームやロールプレイ(役割劇)など、声やからだを動かして

ワークに楽しく参加しながら、一人ひとり感じ方が違うことや、

感情表現方法について学びます

 

 

 

以上のように、ゲーム・ロールプレイ・ディスカッションなどを通して、 

暴力についての経験や気持ちを感じ非暴力で問題解決について考えます。 

ワークショップ内容例

①   暴力について考える

  • さまざまな暴力の種類についてだしあう
  • 暴力が人の権利を侵害することに気づく

 

②   ゲームやワークシートを通して自分と人を大切にすることを考える

  • 人との適切な距離「境界線」を知る
  • 暴力的でない接し方などを体感する

 

③   ワークシートやゲームを使って感情について学ぶ

  • 感情の種類や感情表現について知る
  • 怒りの感情への、暴力的でない対処方法を考える

 

④   身近な暴力を元にロールプレイで、暴力をなくす方法を考える

 

⑤   コミュニケーション・スキル

  • 人の話を「聴く」
  • グループでテーマにそって話し合う

ワークショップに関して
実施

学校の人権学習として、 公民館女性センターの市民講座として、ニーズにあわせて幅広く実施しています

対象

こどもワーク・おとなワーク、高校生や中学生などの青少年向けのワーク、親子一緒にワークするなどいろんな対象が可能です

人数

10人~30人位まで (ただし学校などの場合はクラス単位で実施します)

時間

90分~120分

 

 

*内容については多様な形で展開が可能ですのでご相談ください。

 

FAQ

事業実施したいのですがどうしたらいいかわかりません。

海外からの招聘事業の場合の通訳はどうしたらいいですか。

どんなところで実施していますか。